桜が満開です!

やっと待望の春がやってきました。 冬枯れの景色が、 緑豊かになり 白い雪柳や黄色のレンギョウや、菜の花、こぶしにボケの花が咲きだしています。 春は明るい花たちでいっぱいです。 それにソメイヨシノや枝垂れ桜が満開になり、 もう何も言うことがありません。 雪柳の遊歩道 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春めいた季節の花

季節が春分の日を過ぎて春らしい気温になってきました。 そうですね、暖冬と言いながら、 寒い時もあり、冬に逆戻りしながら、 春が少しずつやってきます。 遊歩道の雪柳が日一日と白さを増していきます。 この時に比べれば、 今はかなり真っ白に花が咲いています。 春の陽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮の梅

春、やっとやってきました。 寒い冬の中、 梅の花が咲くのを心待ちにしています。 やっと春が巡ってきました。 蠟梅や寒桜は咲いても、 梅の花が咲かなければ、 春がやってきたとは言えないですね。 京都では あちらこちらと梅林がありますが、 街の中で近場は 北野天満宮の…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

冬枯れの遊歩道

冬枯れの寒々とした遊歩道を歩くと、 心までも冬枯れしそうです。 暖冬で暖かいと思っていましたが、 大寒に入って急激な寒さになりました。 朝早くの出勤で遊歩道を利用しますが、 暖かい時期に比べれば、 ほんの数名しかウォーキングしている人が居ません。 時には誰もいない時もあり、 寒さには皆さん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

紅葉の美しさ:哲学の道から永観堂へ Ⅱ

皆さま、 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 永観堂の紅葉は早くブログへ反映しなければと思っていましたが、 年末の忙しさと、 体調不良で更新ならずでした。 今年は頑張って更新したいと考えていますが、 自信がありません。 でも頑張ってみます! 哲学の道を…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

紅葉の美しさ:哲学の道から永観堂へ

毎年のことながら、 秋は左京区へ足が伸びます。 以前は左京に住んでいたので、 自然と左京の自然へ 目が行くのでしょうか。 銀閣寺へ行く銀閣寺道の疎水の紅葉 満天星ツツジが真っ赤です。 この道の先、突き当りから右へ折れると、 哲学の道へと入っていきます。 哲…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

時代祭、古式ゆかしき服装が通ります。Ⅱ

江戸時f代から室町、鎌倉、平安時代へと 時代は遡っていきます。 江戸時代:夫人列 平安神宮の御祭神、孝明天皇の妹君に当たられる皇女、和宮様です。 公武合体のため14代将軍 徳川家茂に降嫁されました。 出雲阿国 出雲大社の巫女で、社殿勧進のため入洛。 北野や…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

時代祭、古式ゆかしき服装が通ります。

時代祭の始まりです。 明治維新が先頭です。 其れから順番に古い時代に移行します。 古都、京都の宣伝です。 クリックしてもらえると、 画面が大きくなります。 時代祭の行列は、 丸太町にある京都御所を出発して、 西に出て烏丸通りを南下 御池通りを左折、東に向かって河原…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

風に揺れるコスモス

毎年のことながら、 亀岡市の運動公園に隣接する、 「夢コスモス園」に行ってきました。 真っ青な秋空に風に揺れて映えるのはコスモスです。 時期が少し早かったのか、 秋桜の背があまり高くありません。 見ごろは10月20日ごろだとのことです。 年々案山子の数が増えて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台風の爪痕、Ⅱと彼岸花

台風21号が過ぎ去った後の植物園 まだ曇り空の下で、 植物園の花は あまり咲いていませんでした。 植物園、北山通り側の入口:北山門より 入った広場は殺風景でした。 花もアルゼンチン産のナスカの花 赤い彼岸花 白い彼岸花 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風の爪痕(台風21号)

夏の終わりに強烈な台風がやって来て、 暑さを吹き飛ばしてくれました。 しかしこの台風のために 湯歩道沿いの木々がかなり折れたり、 根っこからひっくり返ったり、 ものすごい惨状です。 今までの台風の中でも 最高の強力な風、台風でした。 遊歩道沿いの木々、特にネズミもちの木…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

盛夏の風景

毎日、猛暑日が続いています。 お盆を過ぎても暑さは、 相変わらずです。 この日照りの中を歩くと 直ぐに汗で全身ぐっしょりです。 台風19号に20号と続いて来たので、 強風と雨で多少は涼しくなるのでは、と期待したのですが 暑さ変わらずの状態です。 いつになったら涼しくなるのやら? …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

祇園祭、前祭 巡行

祇園祭、前祭(さきまつり)山鉾巡行の日がやってきました。 気温は38℃越えて、 7月17日朝から巡行のための、 儀式が始まっていました。 京都TVの画面に映し出されています。 この暑さで、 御池通の観覧席は 40℃越の暑さになるのではと心配です。 ここは 烏丸御池通りの終着点近くの人…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

真夏の祭典、祇園祭

京都の夏祭りと言えば、 日本の3大祭りに数えられる、 祇園祭ですね。 7月1日から31日までの一月間、 東山の八坂神社で行われます。 巡行前の長刀鉾 いつも先頭を走ります。 光が逆光で はっきりとらえれませんでしたが、 腕が未熟で 仕方ありませんか。 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

夏の花

遊歩道を歩いていても、 いい香りが漂ってきます。 真っ白な花、くちなしの花でした。 各家庭の庭の垣根が、 くちなしの木だったりして、 散歩にはいい時期でしょうか。 但し暑さが和らいだ夕方の話ですが。 夏は春の花たちと違って、 草むらの花より 木々の花が目立ちます。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

平安神宮、神苑の花菖蒲

平安神宮の花菖蒲 TVのニュースに取り上げられていましたので、 今が見ごろと行ってまいりました。 やはり外人観光客が多く、 入り口の入場料売り場でも、 外人さんの行列でかなり待たされました。 神苑に入ったすぐに小さな流れがあり、 その傍に アヤメでしょうか、 紫が鮮やかです。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

初夏の実り

遊歩道沿いの木々には、 赤いサクランボの実や梅の実など 春、花咲いた木々に 実がなりだしました。 カリンの木の実 実が大きくなると カリン酒の原料です。 栗の花 細長い真っ白な花です。 ヤマモモの実 遊歩道沿いに数本あるのですが、 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

アヤメにカキツバタ、シャクナゲ

アヤメやカキツバタが今はきれいです。 花菖蒲もそろそろ咲く時期です。 団地の庭にも紫色のアヤメが目立ちます。 鮮やかな紫です。 白も純白、 穢れ無き色合いです。 シャクナゲの花が満開です。 近くにある宇治市の三室戸寺や 京都の植物園、平安神宮の庭園、など 有名…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

八重桜

直ぐ近くの遊歩道に、 十数本の八重桜があります。 濃いピンクの花が多い中で、 白の八重桜は珍しく、 目立ちます。 この遊歩道沿いには、 春から夏にかけて 沢山の野鳥も集まってきます。 川の水がきれいになり、 小魚が増えたせいもあるでしょう。 大きな鯉が放され、 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

 春の花満開

今は雪柳が満開です。 遊歩道沿いに真っ白な花を咲かせています。 世の中が明るくなりました。 やはり春は良いですね。 あらゆる生き物が、 生き生きと活動している、 そんな感じが肌に伝わってきます。 真っ赤なボケの花も 彩を添えています。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

春の息吹!

やっと春になりました。 春らしい風景が中々見つかりませんでしたが、 梅やスイセンの花にボケの花。 土手には土筆が生え、タンポポの花も咲きだしました。 今年の冬は例年より寒さが厳しかったですから、 春が待ち遠しく感じました。 一日経つ事に春色が濃くなっていきます。 トサミズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

節分祭

左京区にある吉田神社の節分祭 毎年の恒例、 吉田神社の節分祭には必ず行くようにしています。 節分は、 雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。 節分とは「季節を分ける」ことも意味している。 江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

源氏物語と宇治平等院

今年初めてのブログの更新です。 明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 昨年撮った、宇治の平等院の 紅葉です。 時期がずれていますが、 前回掲載の紅葉の続きです。 平等院鳳凰堂入り口 外人観光客の団体さんが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

源氏物語と平等院鳳凰堂

源氏物語、宇治十条の舞台と平等院鳳凰堂 宇治橋の南側の袂に 紫式部の座像はありました。 宇治川のほとり 北側と南側の川沿いの道路 平等院には南側のお茶屋街の道路を通って 入ります。 ここに入園料を徴収する券売所があります。 真っ赤なもみじ、きれいです。 太陽…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

紅葉:南禅寺、永観堂周辺

南禅寺の紅葉 京都市営地下鉄:東西線 私の家より醍醐の駅へ 東西線に乗り蹴上(けあげ)の駅で降りて 南禅寺まで7~10分の徒歩 家から40分くらいで着きます。 ここは動物園あり、平安神宮があり。 そして神宮道を南にたどれば ゆっくり歩いて知恩院、丸山公園と近場にありです。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コスモスの秋

京都市の西隣、 亀岡市運動公園横の夢コスモス園です。 残念ながら雨がちの昨近、 晴れた日は望めそうにないと判断し、 曇り空に時々霧雨の降る中を見に行きました。 余り人の姿が見られません。 こんな天気ですから仕方ないのでしょうか。 数年前には、 団体バスが駐車でき…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

秋の草花

秋の花、 萩の可憐な美しさ。 ちょっと、 萩の花について調べてみました。 ・豆(まめ)科。 ・学名   Lespedeza thunbergii       (宮城野萩)   Lespedeza bicolor     var. japonica       (山萩) ・…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

 晩夏の花: 府立植物園 Ⅱ

池の鴨、 半端な数の鴨ではありません。 小鴨も入れて 30羽くらいいましたでしょうか。 植物園内の池です。 池の南面は枝垂れ桜の並木道が続いており、 春の満開時はきれいですね。 ナツスイセン 夏の植物園は暑さもあり、 あまり人が多くありません。 木陰から…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

盛夏の花

植物園、北門入ったすぐに 大きなひまわりと、ブルグマンシアが 真夏の日差しの中にそそり立っていました。 ブルグマンシア (ナス科):キダチ チョウセン アサガオ属 園芸名はエンジエルトランペットと呼ばれることが多い。 品種名 マヤ オランダの植物学者ブルグマンスにちなみ クリスティアーン…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

祇園祭、前祭の山鉾建てと巡行

 祇園祭、 前祭(さきまつり)の山鉾建て7月10日~14日 山鉾建て: 山鉾の組み立て 釘を使わず、 荒縄を使った「なわがらみ」と呼ばれる技法で 組み立てられます。 山鉾建ての完了後、 試し曳き、または試し舁きを行います。   鶏鉾 の組み立て 大分終わっています。 …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more